2005年6月28日 (火)

夏になりました

 この記事は日記とは異なり,環境というカテゴリーに分類されています.不定期で環境に対する思いを書くときはこのカテゴリーで書きます.日々環境に関して思っていることを結構真面目に書きますので,率直な感想や意見などのコメントがもらえるとありがたいです.

 さて,昨日あたりから夏真っ盛りです.地球環境問題,とりわけ温暖化(ヒートアイランド含む)の問題に対しては関心があり今年の夏はボランディア等にも参加していこうと思っています.

 今日の記事のテーマは『温暖化を肌で認識してみよう』です.様々なメディアで地球温暖化の問題やヒートアイランドに関する記事が見られるようになりましたが,果たして何人の人がこの問題を実際に肌で体感し,危機感を持っているでしょうか.今回の記事の結論を先に書いてしまうと『家でクーラーをつけないでみなさい』ということです.これをやるといかに温暖化問題が深刻かということが実感でできるかと思います.なぜならばクーラーをつけないことで日中はともかくとして,明け方になっても全く気温が下がらないことがわかります.これはクーラーをつけたまま寝ている人にはわからないと思いますが,本当に明け方でも暑いんです.

 では上記の問題は昔はなかった問題なんでしょうか.そこで自分の親の世代の人や祖父・祖母に昔の話を聞いてみると,確かに夏場は日中は暑かったが夜になると涼しかったと皆口を揃えて主張します.おそらくはアスファルトやコンクリートが日中に熱を吸収して夜になってもその熱を発散し続けているためでしょう.これらの問題に対する解決策のひとつとして,アスファルトやコンクリートの素材に保水性を高いものを持ちいる案があります.つまりは水分が蒸発する際の気化熱で地表の温度を下げるわけですね.これはどれだけ実行に移されているかわかりませんが,是非ともこのような技術を積極的に利用してほしいものです.

 話がずれましたが,上記の文章から昨今の暑さが一昔前にはなかったものであることがわかってもらえたでしょうか.もしわかってもらえたらやっぱり自分で体感してみて下さい.クーラーをつけないで一日過ごせば実感できるはずです.そして温暖化問題に対して真剣に考えてみませんか.ちなみに自分は家ではほとんどクーラーをつけません.あほらしいと思われるかもしれませんが,少しでもクーラーを使用することによる廃熱の発生を抑えるために我慢するようにしています.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき 環境