« MAC | トップページ | 東洋経済【就職活動な人向け】 »

2006年1月20日 (金)

目頭が熱くなる名作

 昨日,今日と大学休みました.明日から活動再開です.とりあえず明日は学科の就職説明会なるものがあります,更にはそのあと企業ごとの説明もあります.前者は出席義務,後者は任意.後者に行こうか迷っている・・・明日決めよう.

 さて,タイトルについて.浅田次郎の『壬生義士伝』です.本を読んでいて涙が出そうになった(出た?)のは初めてです.それくらい泣かせるし,中身のある作品だった.しかも読みやすいし.新撰組もののひとつなんですが,近藤勇とか土方歳三に焦点が当たっているわけではなく,南部藩を脱藩して新撰組に入隊したとある侍の話でした.『義』のために生きた,本当にアツイ・純粋な漢の物語だった.この作品を教えてもらったヲチさんには本当に感謝です,上下巻の下巻を読んでいるときは本当に怒涛の如く時間が過ぎていきました.俺のこの感想を読んで少しでも興味持った人がいたら是非読んでみて,絶対に面白いから.

 で,ふと思った好きな作家ランキング・・・にはできないから箇条書きで書いてみまつ.

  • 浅田次郎,巧すぎると思います
  • 重松清,浮遊感が好き
  • 石田衣良,先を気にさせる作家No.1
  • 夏目漱石,やっぱり凄い

こんなとこでしょうか,みなさんいかがでしょうか(教えて~)?冊数でいうと現代っ子っぽく(?)村上春樹はかなり読んでいるんだけどあとに何も残らないからあんまり・・・話題性があるからなんとなく読んでしまうんだよねぇ.他にもいますが今日はこのへんで.

|

« MAC | トップページ | 東洋経済【就職活動な人向け】 »

コメント

良かったろ?
そりゃ良かった.

投稿: オチ | 2006年1月21日 (土) 00時03分

良かったです.
しかし,今日は雪ですね・・・
行きたくない・・・

投稿: bob | 2006年1月21日 (土) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109689/8252366

この記事へのトラックバック一覧です: 目頭が熱くなる名作:

« MAC | トップページ | 東洋経済【就職活動な人向け】 »